レイストームの敵2

由来の傾向をみると1〜7ボスまでは地球産、ラスボスのみがセシリア産になるのですが…特に矛盾要素があるわけでもなく、それはそれで納得できます。
…が、以下グダグダ考察(笑)。(記事元2009.08.06)

まずペンドラゴン、ゼノビア、ハンニバルは公式で地球産が確定です。
ヴェルキンゲトリクスも、宇宙用ではないので元から地球にあったものと考えた方が自然です。
そうなると結局論点はガイセリックとアラリックがどっち産か?…です。

スパルタカスとユグドラシルはシステムなので、ちょっと話題から除外で(笑)。
正直どっちでもいいというか、JUDA周りは創作の1番のネタなんじゃないかと思います。

ちょっと回りくどいですが、バルカ機関から攻めていこうと思います。

↓バルカ機関設定
BARCA SECTION
A.D. 2199、セシリア植民地議会によって秘密裏に設立された研究機関。
その後セシリア駐留軍によって接収され、地球のアルビオン連合特別区へ移設される。
研究内容は極秘とされ、その存在すら政府は公式に認めていない。

― 以下非公開データ ―
バルカ機関は、セシリア星系にて発見されたオーバーテクノロジー“LAY”の研究を目的に、セシリア植民地議会によって設立された機関である。
基礎研究が終了し、完成した技術が実用化する直前、技術者、研究者全員の意志で研究成果と共に地球へ亡命する。理由は誰一人として語らなかったという。
その後アルビオン連合特別区にて「R-GRAY」シリーズ及びその搭載システムの開発を行う。開戦時までに完成したR-GRAYは僅か13機、これが地球最後の希望となった。

設立された2199年からオペレーションレイストームの2219年までは20年しかありません。
その間に、LAY研究〜地球に亡命〜R-GRAY開発…なわけですから、忙しすぎ!

研究機関のわりにかなり何でも屋です。というのも…

↓ゼノビア設定抜粋
地球連合軍により建造された大型機動兵器でも最も初期のタイプで、B機関によって開発された兵装システムを持つ。
後に開発された同種の機動兵器の基礎となる。

『後に開発された』というのが(極太レーザー繋がりで)ガイセリックが含まれていると思っていました、当時は(笑)。

↓ガイセリック設定抜粋
この種の兵器の殆どが、B機関によって開発されてた兵器システムを塔載している。
開発中に得られたデータは後の人型機動兵器の開発に活用されることになる。

『B機関』とあるために、ガイセリックは地球産のイメージだったわけです。
そして、『後の人型機動兵器』とはアラリックのことだと思うので、こうなるとアラリックも地球産…?
どちらにしろガイセリックとアラリックがどこ産かはセットで考えたいと思います。

そしてザコ敵いきます。

↓ドレイク設定抜粋
セシリア連合が独自に開発した汎用人型兵器。
動力部には、B機関によって開発された技術が使われている。

…セシリア産とハッキリ書かれているのに、バルカの技術が使われているのがひっかかります。
バルカがセシリアに居た頃の技術ともとれなくはないのですが、どうもバルカってセシリア時代は研究、兵器に積極的なのは地球に来てから…ってイメージなんですよね。
でも接収後に地球側がセシリアにバルカの技術提供をするとも思えなくて…。
セシリア植民地議会が何らかのバルカの残した成果を使ったんじゃないかなーとか思っています。
残り湯で入りました、みたいな(何その例え。

ただドレイクがセシリア産なら、ガイセリックとアラリックもセシリア産でいいんじゃない?ロボット万歳!って気に。

↓ロムルス設定抜粋
次期主力制宙戦闘機の開発が、軍兵器開発局からB機関と呼ばれる政府機関へ移行した(以下略)

バルカは政府機関なんですよね。
次期戦闘機の開発を頼んだくせに非公式なバルカ…政府はツンデレ?(笑)

↓ゲオルギウス設定抜粋
大口径のビーム砲ながら、B機関で開発された高速収束ビーム装置を導入することにより(以下略)

バルカ、いろいろ万能すぎ(笑)
B機関がバルカのことじゃない、とか言われたらどうしようもないですが、それはないでしょう…。


個人的に、カルタゴ基地をどう設定つけるか、だと思います。
ちなみにカルタゴ基地にはレイストーム最大の矛盾があります。→参考記事

カルタゴ基地がセシリア駐留軍(つまり地球側)のものとするか、セシリア軍側にするかで、ガイセリックがどっち産か決まる気がします。
(公式見る限りどちらでも説明つく気がするんですよね)
ガイセが決まるとアラリックも自動的に決まるというか…(セットにするなら)

上記ゲオルギウスは5面に出てくる戦車です。名前もローマ系なので、地球産の可能性が大です。そうなるとカルタゴは地球側のもの、ガイセもアラも地球産で、セシリアが鹵獲したものに。

やっぱり名前の由来での法則通り、スパルタカスまでは地球産なんじゃないか…って思うのですが、ゲーム内に流れるR-GRAYのAIやパイロットの音声を改めて聞いたら考えが変わりました。

アラリック戦の前でAIが言う
『Unknown mobile enemy weapon approaching, no data available.』
(スミマセン、聞き取りに自信ないです。…が、諸所合っているとは思います)

これでアラリックはセシリア産なんじゃないかな?と思ったわけで、連鎖でガイセリックもセシリア産、カルタゴ基地はセシリア軍のモノ…ということに。
というかそれくらいセシリア産じゃないと、華がない気がします(ぉぃ。


余談ですが、ゼノビアの設定で…
この巨大な機体の搭乗員は、意外なことに操縦士と火器管制官の2名である。しかし、この2人の搭乗員を育成するには、機体の建造費以上の費用と、戦闘機パイロットから厳選された人間でも最低2年間の訓練が必要である。試作機を含めて4機建造されたものの搭乗員が間に合わず、実戦配備は1機だけとなった。

とあるわけで、鹵獲したゼノビアを何故セシリア軍が扱えるんだ?…と、ずっと不思議でした。
もしかしてパイロットごと奪った?奴隷?
…そう考えたらとたんに卑猥に、エロゲーになりました(何故。(´ー`)
| レイシリーズ | 00:28 | コメント(0) |
COMMENT
 (無記名だと投稿されません)
 (管理人のみ確認できます)
 (名前にリンクが張られます)
 
ご利用のブラウザ、設定ではプレビューできません。
 
 
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ENTRIES
COMMENTS
CATEGORIES
TAG
ARCHIVES
SEARCH