Curious Cat

細かい補足

BOX発売までにサイトをリニューアルできればよかったのですが…。
RAYの資料とエスコン絵の置き場として、簡素にリニューアルしようと思っています。
古い創作作品はさげようと思います。

リニュ時に設定関係も全部見直してまとめますが、今覚えている補足を。

レイフォースの設定で年表といえば「機械世紀の贖罪」(初出:CDブックレット)だと思いますが、クライシスが発表された際にゲーメストに(フォースとストームの紹介として)掲載された年表もあります。
メスト側が編集したものではなく、タイトー支給の公式設定です。

そこで初めて判明したのがM.C.0184の存在です。
BOXの冊子インタビュ(MISTさんパート)では「レイクライシスとの関係性を保つため」と書かれていましたが、0184に関しては『レイストームとの』と思います。
これが技術の橋渡しになっているので。

3部作で行ったり来たりしていたのでライターさんも大変だったと思います…
私がもっと流れ考えて取材できればよかったんですが…!すみません!

当時MISTさんに個人的にお話した際、フォースの頃からあった設定で、あまりゲームと関係ないという理由でCD等には載せなかった、と伺っていました。
ただ今回の取材で分かったのは、0184の存在はストームの時にねじこんだものっぽいです?
ストームのCDには載せなかった、てことなのかもです。
とまぁ、その設定がいつ作られたかというのはあまり重要ではないのですがw;
加藤さんのインタビュにあったバルカに関しての解釈はとても興味深かったです!!大興奮。
「みんなで考えるバルカ機関」みたいな感じで個人的に盛り上がりましたw

私の知る限りメストにしか載っていないこの年表(GAMEgeneの記事で紹介しました)、しれっと重要なことが書いてありますよね。
ストームの一応の正史は地球は破壊された(EX準拠)と…。
もちろんプレイヤーそれぞれのEDがあってよいと思います。
創作に関しては、発表されたものは公式として自由に取捨して妄想!でいいんじゃないかなと。


あと衝撃だったのが、TAMAYOさんが(レイフォース以降は)すべて曲名が先であること!
想像以上に曲名の世界観比重が大きかったです。

そうなると個人的に気になったのがQ.E.P.D.。
TAMAYOさんにお聞きしたら、この言葉に出会ったのはスペイン語辞書だそうです。
ラテン語から着想だったらまた違うかも…と気になったもので。
スペイン語だとDescanse en paz(DEP)の方が自然のようです。
どちらにしても使う状況や意味は同じで、英語圏のR.I.P.と同じ感じですね。

サイトや記事では「死者の霊が安らかに憩わんことを」という意味で紹介しているのですが、RUBBING BEATのQ.E.P.D.アレンジの印象で、賛美歌などで使われているフレーズをお借りしています。(魂にするか霊にするか迷いましたが…)
ここらへん私の勝手な印象ですが、死者に対してのもの、端的に訳すなら安らかに眠れ、そういったものが伝わればいいかなと思います。
| 2017.10.16 Mon | 05:07 | レイシリーズ |
表示モード切り替え