Curious Cat

メビさんとチートさま

下の更新情報にも追記しましたが、エスコン部屋にログ15を追加しました。
速度あげたくてガリガリ描き始めたんですけど、崩れるだけでダメでした(ぁ。
直しだの気に入らないだので結局時間かかってハハッ(・∀・)
最近睡眠時間削りまくってたらちょっと身体にガタきたのでノンビリ描きます…

以下、ダラダラ語り。長いです。

ひょんなことから各務さんとCLAMPさんの話になって、東京BABYLON→メビさんの服妄想してると昴流くん思い出す→松岡さんの歌→Vision of Boysはメビさんのイメージ…という話で盛り上がりまして!

メビさんに目指してる透明感とこの歌はとてもピッタリだなと、すっかりテーマ曲です。
私は松岡さんのCDは持っていてもバビロンのサントラはないので、固定イメージが特になかったのが逆によかったのかも?w
ログ13はそいう流れでした(・∀・)

ACsousaku
真正面むずいw
実に今まで描いたどのメビさんよりも顔に時間かかりました…。


それからのりまるさんと2アグレッサーズ(→流れ)の話で盛り上がったことで、教導時代に謎の設定やビジョンがいろいろできましてw

うちはメビさん中心なので、そのメビに方向性を示したサイ(そういう設定;)は1番のキーマンだったりします。
もちろん好敵手である黄色も重要なんですが、うちの設定では2人は空でしか会ってないので、サイと黄色は比べることができないというか…。
空目もまたちょっと違う立ち位置です。メビ側の語り部みたいな?
グリ・ブレ・タリは、彼らにとってメビさんがキーという感じです??

サイの方向性を示すキーワードは『鬼畜』だったんですが、妄想を経て『チート』の方がしっくりきました。故にチート様と呼んでいます。
ジャンプとかでも主人公の師匠なり壁がチートキャラだったりするアレ!



チート様はよく羽織ることに!(・∀・)<どうでもいい
最近決めたISAF前のノースポイント白ジャージや最初にメビさん用に描いたノース青ジャケがどう考えてもサイには合わないので、じゃあ羽織らせようとしたところから(笑)。
サイは寒くて上着を着るわりに前開けてたりする人なので、羽織ってたりなんかしたらピク(マジメ)に着るか脱ぐかどっちかにしろみたいに言われてればいいと思います。

それにしてもチート様は本当いつも同じ表情描いてる気がしますが常に余裕な笑みイメージなのでしょうがないですね(ぁ。
他のキャラも同じような顔ばかりですけど。次回設定集(?)は喜怒哀楽揃えたいです。
とりあえず原点である(稀刊の)教導漫画のリメイクを早く描きたいです。


ところで、仕事や作業など、BGMにはいつもゲーム曲を聴きます。
やりこんだ(作業ゲーと化した)ゲームの曲がBGMにいいというか、聴きなれていないものや歌だと音楽の方に集中してしまうので。
逆にテーマとして聴いていると絵を描くときに曲の影響を受けます。
…というわけで、ログ15は1曲選んで単リピで描きました。

ガルム2人のタバコはもうちょっと落ち着いた絵にするはずが曲にひっぱられましたw
私はメビさん中心で広がっていて(メビさん以外のエースを)各ナンバーの年代であまり描いていないので、妙に満足!
私の絵じゃ年代による年齢差がサッパりですが…( ・∀・)

うちのガルムのテーマは『対等』です。(・∀・)<キャッチザハートタイトー
2人は似ているけど逆な部分が多くて(だから対とか鏡という感じ、人に対してや戦い方とか、いろいろなところで何となく(妄想時に)意識してることがあって。
サイは一見ひどいけど近くをみてる、ピクは一見やさしいけど遠くをみてる。

そういう遠さが、ウィズがつけいるスキというか言葉が刺さるというか…漠然としたイメージでアレですが。
ピクはEDでやっと近くをみたみたいな。PJはあつく目の前のイメージ。
ちなみにASGはサイが極M、ピクは極Kにしています。
しょーもないことはよくしゃべる2人ですが、過去や信念などマジメなことは全然しゃべらないイメージです。

あとどうでもいい設定ですが、うちのピクは和菓子に芸術を感じています(ぁ。
便宜上和菓子と言っていますが、エスコン世界の日本にあたる国ということで。
ナガセさんの故郷となる日本的な国はあると思うのですが、うちのメインエースに東洋系がいないので特に設定する必要がないというか…。

でもギャグだとその国の漢字名は“彩の国”という設定!(埼玉のことです)
首都はネオサイタマ(゚∀゚)
だから和菓子じゃなくて彩菓子!

それは…つまり・・・ 十 万 石 饅 頭 ?(ぁ

X2はすっかりエスコン世界でのゲーム世界という位置づけになってしまいました。
さいたま隊もナットク。(?
| 2013.09.23 Mon | 10:49 | エースコンバット |
表示モード切り替え