Curious Cat

プリンとカービィ

子供にカービィとプリンちゃんの絵本をつくって!と言われたので。
最初は『カービィとプリン』というタイトルだったのですが、逆の方が言いやすいと言われて変更になりました(笑)。
表紙の星の散らばり具合なんかも子供の指定です。



絵本といっても単にプリントアウトして中綴じしただけです( ・∀・)
何度か上製本を作ったことあるのですが今回はお手軽に。
おおまかなストーリーは子供がつくったので若干シュールですw

カービィシリーズは最近始めたので、口調とか違和感あったらすみませぬ(つ_⊂)
ちょっと忙しくて凝ってもいなければイラストも模写メインで単純なのですが、それでも絵を描くだけで結構な時間がかかりました(;・∀・)
予備知識ェ→プリン飛ばし


カービィは まいにち さんぽを していました。
きょうは あっちのほうへ いってみよう!

ところが めのまえには みずうみが ありました。
カービィは ホバリングで とびこえようと おもいましたが、
みずうみは おおきいので とちゅうで つかれて しまいそうです。




カービィが こまっていると、 ポムポムプリンが やってきました。
「どうしたの〜?」
「ぽよ…」
カービィは みずうみの むこうに いきたいと いいました。

「ぼくに まかせて!」
プリンは カービィに あたまのうえに のるように いいました。




ポムポムジャンプ!

なんと プリンの だいジャンプで ひとっとびです。




しばらくあるくと いわやまが ありました。
「なんで こんなところに とびらが あるんだろう?」
カービィたちは ふしぎに おもいました。
とびらには ほしのマークが ついています。

いやな よかんがした カービィは、
ちかくにいた ロッキーを すいこみました。
これで ストーンの ちからが つかえます!

カービィたちが とびらをあけると…




そこには デデデだいおうが いました。
「あっ! カービィ! なんで こんなところに いるんだぞい」

デデデだいおうは ハンマーを かまえました。
「さては ワシの おたからを ねらってきたな〜」

おたからと きいては だまっていられません。
カービィは プリンと がったい しました。




「えいっ!」
デデデだいおうが ハンマーを ふりおとしました。
プリンは ハンマーをよけて ジャンプしました。

「ストーンの ちからだよ!」
どすーん!!
「ま ま まいった〜!」
デデデだいおうは かぎを わたしました。




おくへ すすむと たからばこが ありました。
でぐちも あります。
まずは たからばこを あけることに しました。

たからばこを あけると また かぎが でてきました。
「ぽよ?」
おや…? このかぎは クッキーで できているようです。

「そとに でてみよう!」





ひゃああ!!
プリンと カービィは おどろきました。
そこには おかしのいえが あったのです!

「こんなに あったら たべきれないよ! みんなを よんでこよう!」




「ひとりじめ しようとして わるかったぞい」
デデデだいおうが あやまりました。

みんなで なかよく たべました。
「とっても おいしいね!」


| 2012.12.27 Thu | 23:15 | 雑記-サンリオ |
表示モード切り替え